資格top
JSIA
資格試験
配電制御システム検査技士


当工業会では、平成7年10月(7月3日制度創設)から配電盤類の検査業務に従事する技術者の知識及び技能の程度を審査証明し、当該技術者の職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に役立てることことを目的として、配電制御システム検査技能審査試験(以下「試験」という)を実施しています。

試験には1級、2級の区分があり、それぞれが学科試験および実技試験によって実施され、その両方に合格した者には、それぞれの級の「配電制御システム検査技士」の称号が与えられます。

受験料は学科が5,000円(税抜き)、実技が25,000円(税抜き)で、試験は毎年7月に公示され、7月から8月にかけて申請を受付け、原則として10月の第3土曜日に
全国8支部所在地で実施されます。
受験希望する場合は受験地を管轄する支部に申請して下さい。


受験のための講習会は、8月から9月にかけて各支部で行っています(※)。また、テキストとしては、学科については「配電制御システム検査技能審査学科試験問題と解説」、実技については「配電盤類の試験・検査」が最適です。
(※)東京支部では、講習会受講対象者を「
JSIA会員」に限定。
東京以外の支部では、JSIA会員以外も受講可能。

配電制御システム検査技能審査試験については一般社団法人日本配電制御システム工業会(電話03-3436-5510 mail:info@jsia.or.jp)へお問い合わせ下さい。


平成28年度配電制御システム検査技能審査試験合格発表(2016/12/1)

平成28年度配電制御システム検査技能審査試験実施公示及び受験案内(2016/7/1)


お問い合わせ は >>> info@jsia.or.jp
Copyright 1998-2006 JSIA. All Rights Reserved.
トップページ